日曜日, 2月 3

手作り離乳食のその後

屈辱の後、下の階のイネスに相談し、再チャレンジをしました。
すると、それはそれはおいしそうに食べてくれるではありませんか。
これしか与えてくれないからあきらめたのかどうかは本人にしかわからないところですが。。。

で、これを期に野菜は手作り離乳食にしていこうと思います。
他の食材は日本の離乳食レシピを見るとすりおろしたりこしたりという工程があるため、実家から送られてくる「離乳食セット」なるものを待ってからにしようと思います。

で、土曜日の夜に、ユーゴと2人で一緒に野菜の離乳食つくりをしました。
こんな感じです。製氷器にいれたところです。それぞれ大さじ2杯づつの分量です。
左から、ブロッコリー、にんじん、ズッキーニ、かぼちゃです。


で、せっかくの手作りの離乳食なんだから、そろそろおかゆも始めてみようと思います。
いつか大人と同じものを食べてもいいとなった時に初めて「ご飯」をあげて食べてくれなかったら困りものですから。
で、サイトで調べて、カイトの月齢的にはもぐもぐ期なので「全がゆ 5倍粥」なるものに挑戦。
作ってみました。80gづつに小分けにしました。
正しい硬さに作れたかどうかはわかりません。なんせ初めてですから。
実際食べさせたところ、ちゃんと食べてくれたけど、完食はしてくれませんでした。
これから慣れてくれればいっぱい食べてくれるでしょ!

それと、on campusに住むママさん達からのお勧めの、赤ちゃん用ヨーグルト「YOBABY(ヨーベイビー)」にもトライ。こんなおいしいものがこの世にあったのかと言わんばかりの食べっぷりでした。




離乳食に大分慣れた頃から手作りを始めたので、手作りもすんなり行ってます。今思えば、不慣れな離乳食作りに奮闘ししかも食べてくれないと悩むより、初期はベビーフードを使っていっぱい食べてくれてて良かったかなと思ってます。
↑なーんて、自分のぐうたら加減を正当化しようとしてるのです(笑)

1 件のコメント:

パタ さんのコメント...

いいね・・・・食べる子・・・

遠い目・・・・・な私・・・

羨ましい。 3年経った今でも 羨ましい